マツダ車の魅力


マツダ・ロードスター

マツダ・ロードスターの魅力

マツダが生産している累計生産世界一の二人乗り小型FRオープンカーである「マツダ・ロードスター」。発売後瞬く間に世界中で大反響を呼びました。ええ、もちろん?私も買いましたよ(笑)ターボ及び自然吸気のレシプロエンジンを搭載し、駆動方式は後輪駆動なのが特徴です。2000年には「生産累計世界一のオープンカー」としてギネスブックに認定されました。

新車★情報
風呂敷は一定の重さと大きさのものであれば何でも包むことが出来ます。 そんな和ノベルティ.com 機能的 実用的な風呂敷を名入れで、販促品として利用してみることを見当してみませんか? おかげさまで多くの法人様よりご好評いただいております和ノベルティ.comの風呂敷、多くの方の心を掴んで離さない事間違いありません。

人気

「マツダ・ロードスター」の爆発的な人気は予約会で半年以上のバックオーダーを抱えるほどの人気を博し、一時は月産台数がスポーツカーとしては異例の8,000台近くになったそうです。そして海外でもマツダ・ロードスターのヒットにより、欧州の主要メーカーが同種の車を次々とリリースするきっかけとなりました。

ギネス記録

マツダ・ロードスターが人気になったのも当然です。なぜなら、「マツダ・ロードスター」の完成度は非常に高かったのです。2000年には生産累計53万1,890台を達成し、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックに認定を受けました。生産技術の優秀さや性能に対する低コストぶりなど、技術面ばかりが評価されることの多かった日本車において、車造りの「思想」という面で世界に多大な影響を与えた車でもありました。

名称

車名の「ロードスター」(Roadster)とは、オープンカーの形式のことです。ロードスターの名称は日本だけで、海外仕様での名称は"マツダ・MX-5"です。初代から二代目までは"MX-5・ミアータ"の名称でありました。

販売のきっかけ

1970年代以後は衝突安全基準が厳しくなっていたり消費者の嗜好が変わったこともあり、小型のオープン2シータースポーツというカテゴリーは、市場からほぼ消えた状態であったため、一度は開発が頓挫していたこともありました。が、マツダはその間、北米を中心とした度重なる市場調査によって潜在需要が非常に期待できることを掴んでいたのです。この市場調査が発売のきっかけとなり、開発へのGOサインが出ました。周りからの冷ややかな目にも関わらず、予想外の世界的な大ヒットとなります。

発売後の評価

これ以後、日欧米の自動車メーカーがこぞって、オープンカーを登場させるきっかけとなりました。TopGearのジェレミー・クラークソンはこの車が大好きで、特にMX-5をべた褒めしています。

マイナーチェンジ

「マツダ・ロードスター」は、2008年12月にマイナーチェンジしました。

  • 大きな変更点はRX-8とプラットフォームを共通化したこと。デザイン変更によって全長が4020mmとなり、また排ガス規制対応や燃費改善も行われています。これにより全長と全幅はそれぞれ40mm拡大されボディは大型化。
  • エンジンも2L化されましたが、軽量素材の採用と徹底的な重量削減を行い、車両重量の増加をわずか10kg程度に抑えることに成功しました。同時に前後の重量バランスを見直すことで、シリーズ一貫のコンセプトである「人馬一体」の走りを実現していました。
  • ミッションはベースモデルの「ロードスター」が5MT/6ATとなるほか、VSが6MT/6AT、RSは6MTのみのラインナップです。
そろそろ買い換えたい貴方へ…

歴代「マツダ・ロードスター」

歴代の「マツダ・ロードスター」をまとめました。

初代・NA型(1989年~1998年)
  • 全長4mに満たないコンパクトなボディにクラシカルな雰囲気のスタイル、世界中を歓喜させた2シーターオープンカー「マツダ・ロードスター」は1989年5月にアメリカ市場で発売されました。同年8月には予約先行が行われ、同年9月には日本市場で発売。
  • マツダは当時販売店を拡大していた時期であったため、5つの販売店の1つ、ユーノス店(Eunos)の第一弾として名称も「ユーノス・ロードスター」として発売されました。
  • 発売した途端、日本国内では予約会で半年以上のバックオーダーを抱えるほどの人気を博します。また、マツダの社員にも大人気であったため、社員の所有率が高かった車です。
  • 排気量は当初は1600ccのB6-ZE型エンジン搭載で形式がNA6CE型のみでしたが、市場から「ナローパワー」という指摘を受けて1993年に1800ccのBP-ZE型エンジン搭載で形式がNA8C型に取って変わりました。1600ccから1800ccにエンジン排気量アップしたので、同時にブレーキやボディの強化が行われました。
  • なお、この初代モデルから特別仕様モデルや限定車が次々と出るというのもロードスターの特徴です。例えば、限定色だったり、足回りを強化したモデル等があります。
二代目・NB型(1998年~2005年)
  • コンパクトFRというコンセプトは変わらず、世界的なブームから約8年、2代目となるロードスターが誕生しました。1998年に初のモデルチェンジが行われ、日本での名称も販売会社ユーノス店が廃止されたので「マツダ・ロードスター」の名称となりました。
  • 初代のアイデンティティの1つであったリトラクダブルライト(車体内部に格納できる方式のヘッドライト)が廃止されます。その理由としては、車重の軽量化と対人衝突時のダメージの軽減のためでした。
  • 二代目の特徴としては、2種類のエンジンを搭載しています。初代の途中で廃止された1600ccのB6-ZE型エンジン搭載車が復活。ミッションは5速マニュアルと4速AT仕様を1800ccのBP-ZE型エンジン搭載車もパワーアップされ、ミッションは6速マニュアルと4速AT仕様がありました。初代モデルの弱点であった、幌のリアのビニールスクリーンもガラス製になり耐久性が向上しました。
  • 2000年にマイナーチェンジが行われ、1800ccエンジンがBP-ZE型からBP-VE型に変更されパワーアップをしました。同時にキーレスエントリー等の装備が充実されました。
  • モデル末期の2003年にはBP-VE型エンジンにターボチャージャーを搭載したBP-ZET型が追加され、同時期に通常の幌(ソフトトップ)に代えてハードトップを装備した「ロードスタークーペ」も限定販売されました。
三代目・NC型(2005年~)
  • 2005年8月に登場。世界中でムーブメントを巻き起こしたライトウェイトオープンスポーツの3代目モデル。全幅は5ナンバーの最大幅である1700mmを超えて1720mmとなり、3ナンバーとなりました。
  • エンジンは国内・米国仕様は2000cc自然吸気エンジンLF-VE型に変更したり、ATも6速化をするなど、すべて新開発となりました。
  • 国内仕様は、5速MT、6速MT、6速ATがグレードにより振り分けられます。
  • 第26回の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を受賞。開発陣はこのNC型を「カーオブザイヤーの受賞を念頭において開発した」とユーザー向けミーティングの席上で発言していて、通産3回目実に23年ぶりの受賞で、正にマツダにとって祈願成就となりました。

マツダ車一筋!の私がマツダ車の魅力について語ります。一番のお気に入りはRX-8です!!(*°∀°)=3

マツダ車の魅力
話題のあの車
確かな実績とサービスが保障されている大手業者を使うか、臨機応変で柔軟な対応ができ、職人技で引越しをこなしてくれる中小業者を選ぶか、http://www.100sha.com/ 引越し 見積もりで見積もりして決めませんか?
名簿販売のリスト業者「元祖名簿屋販売」営業用名簿販売は、名簿業者「元祖名簿屋」にお任せ下さい。名簿業者をお探しでしたらぜひ一度当サイトで弊社の取扱い名簿をチェックしてみてください!

マツダ車の魅力