マツダ車の魅力


マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテの魅力

「マツダ・ビアンテ」は全幅1770mmの余裕あるサイズの8人乗りボックス型です。さらにステアリングシフトスイッチ、スムーズで気持ちいい運転を評価するi-DM、走行安定装置のDSC&TCS、ヒルスタートアシストのHLA、両側パワースライドドアまで標準装備。燃費性能の向上、装備の拡充によって買い得感は一段と高まりました。価格は200万円からで乗員1人当たりの単価が激安なミニバンともいえます。マツダならではの走りが魅力で、パワステは軽く自然で扱いやすく、操縦性は重心の高さを意識した穏やかでゆったり感あるもので、乗り心地は日常域での快適感重視のマイルドさに徹したタッチが好印象な車です。

新車★情報

車名の由来

「マツダ・ビアンテ」とは「周囲を取り巻く」「環境」を意味する英語の「Ambient」からの造語で、「乗る人みんなの生活環境の一部となり、楽しく快適な暮らしづくりに貢献する」という意味があります。

免税車

2WD車にスカイアクティブ技術を投入し、「プレマシー」と同じ2リットル直噴ガソリンエンジン=SKYACTIV-G2.0と自社製6速AT=SKYACTIV-DRIVEを新搭載。JC08モード燃費はそれまでの最高12.4km/リットル(50%減税)から一気に14.8km/リットルに向上。同時にクラス唯一の免税車となりました。

エンジン

「マツダ・ビアンテ」のエンジンは販売開始当初、LF-VD型 2000cc DOHC DISI(FFおよび4WD)とL3-VE型 2300cc DOHC MZR(FFのみ)を搭載し、トランスミッションは、FF車には5速AT(2300ccはマニュアルモード付き)を、4WD車には4速ATを採用していました。その後、2.0L・FF車は幾度の変更が行われ、2009年6月の一部改良で「i-stop(アイドリングストップ機構)」搭載車は同じDISIエンジンながらLF-VDS型に置換となり、2013年5月のマイナーチェンジでエンジンはPE-VPS型 2000cc DOHC SKYACTIV-G 2.0に、トランスミッションは「SKYACTIV-DRIVE」の搭載により6速ATに多段化されました。

セミリビングモード

「マツダ・ビアンテ」の2列目のシートをかなり後退させて作り出すリビングモードが、実は変化しています。この機能は3列目にある座面をチップアップして2列目シートを可能な限り後方に下げ、2列目のレッグスペースを拡大するというもの。その空間はあまりに広く、驚かされるばかりでした。進化した「セミリビングモード」。2列目のシートバックと3列目の座面が接触している状態で、ブレーキを効かせて前荷重になっても座面に置いた手荷物が落ちないこともメリットです。シートレールのノッチを中間地点にも追加して、新しく「セミリビングモード」が選択可能になったのです。これで手荷物などを3列目の座面に置くことが可能になり、1列目と2列目のシート距離も適度に広げることに成功しています。さらに、そんなシートアレンジに使うレバー類の表示も解り易いよう変更。シートを前後左右に動かすレバーを、当初は目立たないよう凹凸だけで機能を表現していましたが、白く塗ってアイコン化。3列目のウォークインレバーも赤く着色して見つけやすく工夫するなど、ユーザーの意見に耳を傾けて少しずつ改良しているところはさすがです!歳月を経て熟成された室内空間がそこにあります。

そろそろ買い換えたい貴方へ…

マイナーチェンジ

「マツダ・ビアンテ」は毎年のように小変更を行って内容を充実してきました。装備の充実やアイドリングストップの追加で燃費の向上を図るなど、実に地道な対策を重ねてきました。さて、どんな点をマイナーチェンジしたのでしょうか?

スカイアクティブ搭載
やはりスカイアクティブテクノロジーの搭載になるでしょう。最近ではユーザーにも広くイメージが浸透してきたこの技術は、エンジンやミッション、そしてシャシー、タイヤに至るまで、全ての領域で高効率化を追い求めたもの。ボディやサスペンションは新たなる考え方を盛り込んだセットアップにより、タイヤに依存しない走りを実現。エコタイヤでもしっかりした走りを展開することに成功しています。これら全てを達成していることが、スカイアクティブ搭載ということになります。
デザイン
インパネはマツダ車初となる「トップマウントワイドメーター」を採用し、開放感と視認性を両立しました。また、挟み込み防止機構つきの電動両側スライドドア(タッチセンサー付き)は、クラストップレベルの780mmの開口幅を誇ります。切れ長で特徴的だったヘッドライトとみごとにマッチするダイナミックなフロントグリル&バンパーは、アクが強いビアンテの特徴をさらに磨き上げています。さらに、サイドビューもブライト・モールディングや高輝度アルミホイール(燃費を考えてシリーズ全車16インチサイズで一本化)、マフラーカッターなどの採用で上質さを備えたところは見どころです。
エンジン
ハイブリッド技術や過給器などを使わず、自然吸気エンジンを高圧縮化することで高効率に。オートマチックトランスミッションはロックアップ率を高めることでMT並のダイレクトさを実現。結果として、スリップロスが減って高効率となっています。
エクステリア
真っ先にその違いを感じるのは、やはりエクステリアの大幅な変更でしょう。なかでもトップグレードのGRANZ(グランツ)が採用するフロントマスクは最たるものだ。このグランツは2013年初頭から特別仕様車として販売されていましたが、ついにカタログモデルとなりました。
インテリア(1)
インテリアについてもヘアライン仕上げのデコレーションパネルやブラックメタリック塗装のセンターパネルを採用して質感を向上。また、ステアリングシフトスイッチや「i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)」と呼ばれるドライブコーチング機能が全車標準装備となっています。
インテリア(2)
インテリアについての注目ポイントはそれだけではありません。ビアンテは2列目、3列目のシートが後方に行くにつれて座面が高くなるシアターレイアウトを採用すると同時に、多彩なシートアレンジを持っていることも特長だったが、その美点も細かく進化しています。
カラー
ボディーカラーは販売開始当初、「23S」専用カラーの「チリオレンジマイカ」を含む7色を設定していたが、2009年6月の一部改良で専用カラーが廃止されてからは6色となっています。また、全てのグレードでアドバンストキーレスエントリー&スタートシステムやMAZDA G-BOOK ALPHA対応のHDDナビゲーションシステムが選択できますが、この種の車にしては珍しくサンルーフの設定が一切ありません。

マツダ車一筋!の私がマツダ車の魅力について語ります。一番のお気に入りはRX-8です!!(*°∀°)=3

マツダ車の魅力
話題のあの車
風呂敷は一定の重さと大きさのものであれば何でも包むことが出来ます。 そんな和ノベルティ.com 機能的 実用的な風呂敷を名入れで、販促品として利用してみることを見当してみませんか? おかげさまで多くの法人様よりご好評いただいております和ノベルティ.comの風呂敷、多くの方の心を掴んで離さない事間違いありません。

マツダ車の魅力