マツダ車の魅力


マツダ・787B

マツダ・787Bの魅力

「マツダ787B」を知っている貴方、かなりのマツダ通でしょう(笑)「マツダ787B」は、マツダが1991年ル・マン24時間レースに参戦するために、グループCカテゴリー2という規定に沿って開発したロータリーエンジン搭載のレーシングカーです。91年のル・マン24時間レースにマツダは2台の787B(55号車と18号車)と前年型の787(56号車)1台が参戦し、その3台のうちの1台55号車(レナウン・チャージカラー)がフォルカー・バイドラー、ジョニー・ハーバート、ベルトラン・ガジョーの3人のドライバーにより、362週(4923.2km)を走り切り、日本メーカーでは初となる総合優勝を見事に成し遂げたのです。

新車★情報

ル・マン優勝後

ル・マン優勝後、787Bは広島にあるマツダ本社で動態保存されています。ちなみに18号車は6位、56号車は8位でした。この91年の大会はレースのレギュレーションの変更でロータリーエンジンを搭載して参戦できる最後の年でもありました。(後にまたロータリーエンジン搭載でも参戦可能となりました)

最新技術

リニア可変吸気システム、1ローター3プラグ、ペリフェラルポートインジェクション、セラミック・アペックスシール等の当時の最新技術が盛り込まれていた車です。「マツダ787B」はR26Bという型式で、4ローター、総排気量2616ccの自然吸気エンジンです。開発の計画上、800ps/10000rpmというものでしたが、10000回転を24時間耐えきれるギアボックスがなかったため、700ps/9000rpmという仕様になりました。

ルマン24時間耐久レース

1988年
マツダは2台のニューマシン767と1台の757の計3台でルマン24時間耐久レースにエントリーしました。結果は、ニューマシンにありがちなマイナートラブルに悩まされ、757の15位が最高位で767は17位、19位と惨敗することとなってしまいます。
1989年
翌年には各部を改良し、エンジンの出力も630PSまで押し上げ名称も767Bとなった結果は3台でのエントリーにより7位、9位、12位でゴールし再び上位に返り咲くこととなり、また一歩念願である総合優勝に近づいたかにみえます。
ロータリーエンジンの開発

しかし、ルマン24時間耐久レースのレギュレーションが変更になり、1991年より3.5L自然吸気エンジンのみの使用しか認められなくなり、ロータリーエンジンはあと1年しか使用が認められなくなってしまったのです。マツダは、最後の1年にすべてをかけニューマシンの製作に取り掛かかりました。4ローターロータリーエンジンは細部まで見直され、3プラグ化等により700PSを発生するまでになり名称も13J改からR26Bと変更されました。それに伴いシャーシもそれまでのアルミハニカム構造からカーボンコンポジットに変更され、より高剛性に仕上げられました。

ロータリーエンジンの実力

787と命名されたこのニューマシンは、並み居るC1カテゴリーのライバル達とすでに肩を並べるほどのポテンシャルを秘めているはずで、実際各メディアの評判もかなり高かく、1990年6月、ロータリーエンジン最後の年になるはずのルマン24時間耐久レースはスタートをむかえることとなります。そして、362週(4923.2km)を走り切り、日本メーカーでは初となる総合優勝を見事に成し遂げたのです。

仕様
  • 基本的に、前年型の787の改良版でカーボンディスクブレーキの採用、冷却性能の向上、光学式車高センサの搭載、タイヤ径を18インチ化する等の、この他にも約200に及ぶ改善が成されました。
  • サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーンで、駆動方式はMR。
  • 変速機は5速MT、全長4782mm、全幅1994mm、全高1003mm、総重量830kgで最高速度は372km/hに達しました。

カラーリング

チャージカラーと呼ばれる緑とオレンジを対照的に使った、優勝した55号車の派手なカラーリングの由来を知っていますか?スポンサーのレナウン(洋服店)の人がマツダの過去の戦績を見て、これは勝てるわけがない、せめて目立とうと判断したため、あのカラーリングになったらしいです。

マツダ・757

マツダ・757は、1986年ル・マン24時間レース、および全日本耐久選手権参戦用にマツダスピードが開発したプロトタイプレーシングカーです。初の3ローターエンジン・13G搭載となる新シャシーは、英国人デザイナーのナイジェル・ストラウド氏によるもの。85年までのC2クラスからステップアップし、最低車重で有利なIMSA-GTPクラスでのエントリーではあるものの、ポルシェやジャガーなどの強豪がひしめくC1クラスへ進出を果たしたマシンがマツダ757です。ワークス活動が4ローターマシン・767Bに完全移行した後、757はプライベータに売却され、90年まで国内耐久にエントリーを続けました。

活躍

86年の最初のル・マンでは予期せぬ駆動系のトラブルでリタイヤを喫しましたが、やがて初期トラブルを克服して信頼性を向上させると、シャープなハンドリング特性を活かし、国内耐久で上位入賞を続ける活躍を見せます。翌87年に757はさらに進化を遂げます。外観上はリアウィングのマウント位置とインダクション形状が変更されただけですが、モノコックとサブフレームの構造に手を加えシャシー剛性を大幅に向上。ロールセンターも変更してコーナリング性能を飛躍的に進化させるとともに、フロントアンダーパネルの形状を変更し空力性能を向上させました。同時に、86年モデル比で30Kgの軽量化にも成功しています。そして11月には新開発の4ローターエンジン・13Jを搭載し、「757E」として国内耐久の最終戦に出場しました。

マツダ・767

マツダがル・マン総合優勝を本格的に視野に入れ始めたことを象徴する車といえば、「マツダ767」でしょう。「マツダ767」はついに新開発の4ローターエンジン(13J改)を初搭載。最も特徴的なのはボディワークで、ロングノーズ・ショートデッキのスタイル、そしてリアウィングを別マウントとしたことで、757から大きな変貌を遂げています。88年のルマンではクラックが発生したエキゾーストマニホールドの交換で大幅に順位を下げましたが、他のCカーと遜色ないストレートスピードを見せ、戦闘力の高さを垣間見せています。

そろそろ買い換えたい貴方へ…

装備

この767には改良型767Bへ移行する間の過渡的なモデルが存在します。89年のIMSA・デイトナ24時間に参戦した通称「デイトナ」仕様です。リアセクション内への排気熱害を避けサイド排気としたことが最大の変更点です。シャシーは基本的に757のメカニズムを踏襲していますが、アルミモノコックの一部にはカーボンパネルを採用。全長が伸びたエンジンに対応してホイールベースを延長し、大幅な出力向上に合わせて全幅やトレッド、タイヤサイズなどをよりワイド化しています。

マツダ車一筋!の私がマツダ車の魅力について語ります。一番のお気に入りはRX-8です!!(*°∀°)=3

マツダ車の魅力
話題のあの車

マツダ車の魅力